資産運用

そもそも資産運用って何?簡単に説明してみた

スポンサーリンク

どーも、僕です。
これから資産運用始めるよとは言ったものの、資産運用ってそもそも具体的に何すればいいの?って疑問を解決するため簡単に説明します。

 

資産運用とは

難しい話は置いといてわかりやすくいうと自分が持ってるお金をうまく利用して増やしましょ♪ってことです。

じゃあどうやって増やすのかっていうと、いろんな会社が資産を増やすためのサービスを提供しています。僕たちはそのサービスと契約してお金を増やせるってわけですね~。

それでは具体的にどんな方法があるのか見てみよう。いろいろ種類があるけどここでは僕みたいな初心者におすすめのものをピックアップしました。

初心者におすすめの資産運用の種類

預金

今の時代働いている人なら銀行にお金を預けるますよね?実は銀行にお金を預けると「金利」が発生する。「金利」っていうのはお金を貸す代わりに発生する料金のこと。2017年5月時点で各銀行の普通預金の1年間の金利を見てみるとだいたい0.001~0.02%。仮に100万円を銀行の普通預金に預けて銀行の中では高めの金利0.02%で計算すると1年間で約200円増えることになる。実は預金も立派な資産運用でほとんどの人は知らないうちに資産運用をしているってことになりますね。投資の中では金利は低いけど元本保証、つまり預けたお金は減らないというところがメリットです。

投資信託

投資信託を簡単に言っちゃうと運用のプロ(ファンド)にお金を預けて自分の代わりに運用してもらうこと。投資信託のメリットは運用をファンドに任せているから自分で管理する必要がない(もちろん定期的に運用状況は確認したほうがいい)。デメリットとしてはファンドが運用失敗してしまうと資産が減ってしまう可能性がある。預金と違って元本の保証がないけど、預金よりも大きい金額を増やせる可能性がある。

株式投資

株式投資とは企業が発行した株券を売り買いして資産を増やすこと。株券をの価格が自分が買った時より値上がりしたタイミングで売れば利益が発生する。逆に株券が自分が買った時の価格より値下がりしてしまえば損をしてしまうわけ。運がよければ大儲けできる可能性もあるけど株価が上がるか下がるか素人が予測するのはとっても難しいから、株券の売り買いで利益を狙うよりも株主優待を狙うほうが個人的にはおすすめですね。

まとめ

結局何が一番いいかというと、自分の許容範囲を決めることだと思います。少しでも資産を減らしたくないようなら預金、多少のリスクはあるけど預金よりも利率のいい投資信託、リスクは高いけどリターンもでかい株式投資、といったように自分の資産と相談したうえで選択しましょう。

ちなみに僕は投資信託に興味があるので、投資信託にチャレンジした記録を今後はお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
ABOUT ME
sasabun
20代後半のIT企業サラリーマン。 投資についての知識は0だがわからないながらもチャレンジ中!