ビジネス

【IT業界未経験者にオペレーターがオススメできない4つの理由】

スポンサーリンク

 

どーも、ササブンです。

 

IT業界に勤務していながら知識がしょぼい僕が言うのも何ですが、業界未経験の方にオススメできない職種があります。

 

その職種は

 

オペレーターです。

 

これからなぜオペレーターがオススメできないのか4つの理由を説明します。

 

 

技術的な知識が身につかない

オペレーターの求人にはよく、業界未経験者歓迎!といったことが書かれてますよね。オペレーターは基本的にマニュアルに従って行動します。マニュアルに従うということは、自身で考え対処する必要がないということです。マニュアルに載っていないことが起きればSEに連絡して指示を仰ぐのでIT知識がない人でも務まってしまいます。だから未経験者でも募集しているのです。

会社によっては業界未経験ならオペレーターから始めるところもあると思いますが、自分で勉強しない限りいつまでたっても技術力が身につくことは難しいです。

夜勤がほぼ発生する

オペレーターの仕事は主にサーバーやネットワークの監視でシステムが正常に稼働しているか監視します。システムは24時間365日稼働し続けますが当然それを監視するオペレーターも常時勤務していなければなりません。

夜勤ならではのメリットもありますが(夜勤手当や現場に人が少ないため人と会話する頻度が減る)、家庭を持っている人にとっては家族とズレた生活リズムで過ごすハメになります。

単価が安い

正直な話、オペレーターは誰にでも務まります。誰にでも務まるということは、人員単価も安いということです。単価が安いということは、当然オペレーターの給料も安くなります。オペレーターからステップアップして給料を上げるという道もありますが、それも独学で勉強する必要があるので一筋縄ではいきません。

オペレーターは評価されない

オペレーターはミスをしないのが当たり前と思われています。そのため、ミスをすると評価が下がりますが、ミスをしないことを評価されることは少ないです。

評価されない限り上位工程への転身も難しくなり、いつまでたってもオペレーターのままです。逆にオペレーターを長く続ければ続けるほど、その人の評価も低く見られキャリアアップも難しくなります。

まとめ

以上、IT業界未経験者にオペレーターがオススメできない4つの理由でした。

上で挙げたことは僕が元オペレーターだったので言えることです。

業界未経験となると、あまりその職種のイメージが湧かないとは思いますが自分が応募する職種はしっかり理解した上で応募しましょう。

求人ページにはその仕事のいい面しか書かれていないことも多いので、未経験で就職する際は納得するまで情報収集する必要がありますね。

以上、ササブンでした!

スポンサーリンク
ABOUT ME
sasabun
20代後半のIT企業サラリーマン。 投資についての知識は0だがわからないながらもチャレンジ中!