映画

【ネタバレあり】「インディ・ジョーンズ レイダース/失われたアーク《聖櫃》」感想/古いながらも楽しめたエンターテイメント作品

スポンサーリンク
インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク(聖櫃) [DVD]

どーも、こんにちは。

 

僕はディズニーシーで「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮」というアトラクションが大好きです。

ある時ふと

「今まで一度もインディ・ジョーンズの映画を見たことないなぁ」と思い初めて見てみました。

公開順に見ていくことにしたので第一作目である「インディ・ジョーンズ レイダース/失われたアーク《聖櫃》」を見た感想です。

 

オープニング

物語冒頭はいきなりジャングルの中。

主人公のインディはさっそくお宝目指してお宝が眠っている遺跡を目指す。インディは考古学者だけど僕の中ではトレジャーハンターみたいなイメージです。

なんやかんや遺跡のトラップをくぐり抜け無事お宝の金色の像(ゴールデンアイドルというらしい)をゲットするもインディのライバル、ルネ・ベロックという男に像を奪われる。

しかもルネ・ベロックは現地?の民族「ホビット族」を従えてホビット族に追われながらもなんとか逃げきるインディ…。

 

遺跡の中のトラップではディズニーのアトラクションでおなじみ巨大な岩石がさっそく登場!

ディズニーのインディしか僕は知らなかったので一作目でもうこの岩出てきちゃうんですよ。

この映画は1981年公開と映像としてはかなり古いながらも遺跡内でのトラップの演出など冒頭からなかなか楽しませてくれます。

にしても同じトレジャーハント仲間から裏切られたりライバルにお宝を奪われたりとインディは敵が多い男ですねw

 

なんやかんやでアークを探すことに

アークとは、簡単に説明するとなんだかよくわからない不思議なパワーを持っていて持主は強大な力が得られるというスーパーなお宝。

 

ある日、そんなスーパーなお宝をヒトラー率いるナチス・ドイツ軍が探しているとの情報をアメリカ軍が入手。

ナチスよりも先にアークを手にいれようとアメリカ軍はアークの捜索をインディに依頼し、インディも興味津津に。

 

手がかりのアイテムを探している内にインディはネパールで10年前に別れた元恋人マリオンに出会う。このマリオンがアークを探すための重要なアイテムを持っているんだけど、そのアイテムを奪おうと敵が襲ってきてインディとの銃撃戦がおっ始まります。

インディって銃を撃つイメージがあんまりないんですけど劇中ではけっこうドンパチ撃ち合ってるんでイメージが変わりましたw

 

マリオン死亡?

舞台は変わってエジプトに。

しかしここでもナチスに襲われてしまうインディとマリオン。

挙句の果てにマリオンはナチスにさらわれてしまうんですけど、マリオンを乗せたトラックがインディのせいで爆発。まさかのマリオン死亡です・・・

ヒロインなのにこんな早く死んでまうんかいとかなり驚き。

状況的にトラックが爆発したのはしょうがない部分もあるんですけどね、まぁ昔の映画だからwとこの展開はすんなり受け入れました。

 

マリオン生存

 

なんやかんやでインディはアークが眠っている「魂の井戸」を発見します。

さらに、死んだと思っていたマリオンもナチスに捕えられている所を発見。今助けるとバレるからと言ってすぐに助けないインディ酷いw

 

魂の井戸に降りてアークを発見するもべロックに見つかってしまい、マリオンと一緒に井戸の中に閉じ込められてしまいます。

井戸の中には毒蛇がたくさんいて噛まれる前に脱出しなきゃヤバい状況。

ちなみにこの毒蛇は本物を使っているらしく、実際に映像を見ればわかりますがかなり大量の蛇がいるのでリアルに現場にいたらめっちゃ怖いですよ!

小ネタになりますが魂の井戸でのシーンでは柱にスターウォーズのC-3POとR2-D2が描かれているらしいです。僕は見つけられませんでしたけどw

 

インディの機転で魂の井戸からはなんとか脱出成功。奪われたアークを取り戻しに行きます。

アークを取り戻すシーンでのカーアクションはこの映画の見どころの1つでしょう。

敵のやられ方が何気に残酷です。

 

不思議なラスト

アークを取り返したり奪われたりするものの、結局最後は敵の手に渡ってしまう。

 

総統(ヒトラーのこと?)にアークを届ける前に中身を確認しようという流れに。

しかし、アークの中身はただの砂。

かと思いきや、中からはよくわからない精霊が出てきてべロックらナチス兵たちを皆殺しにしてしまいます。

この精霊というやつは何なのか一切説明がないまま終わってしまうので非常に疑問ですが、アーク自体がなんだかよくわからない不思議なものなのでこんなオカルトな展開もありなのでしょう。

ちなみにインディは精霊が出たとたんマリオンに目をつぶるよう言い、自身も目をつぶって助かっています。

精霊を見たら殺されるということをインディは知っていたんでしょうか?まぁ彼のことだから何かしらそういった知識を持っていても不思議ではないですね。

 

まとめ

何はともあれ、あまりの古さに期待せず見てみましたが(インディファンの方ごめんなさい)、映像の古さはありながらも現代でも充分楽しめる作品となっています。

 

僕のようにディズニーのインディのアトラクションが好きなら1度全シリーズを見てみるともっとアトラクションが楽しめるんじゃないですかね。

 

以上

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
sasabun
20代後半のIT企業サラリーマン。 投資についての知識は0だがわからないながらもチャレンジ中!