映画

【ネタバレ有り】映画 名探偵コナン ゼロの執行人の感想とかレビュー

スポンサーリンク
劇場版 名探偵コナン 『ゼロの執行人』 オリジナル・サウンドトラック

 

とうとう公開が始まりました、2018年度のコナン映画 「劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人」!

 

毎年コナン映画を楽しみにしている人も多いんじゃないでしょうか。

 

今回の映画の主役はトリプルフェイスの素顔を持つ「安室 透」。

 

安室といえば前前作の「純黒のナイトメア」に続く2度目の映画出演になりますね。

 

探偵としての”安室 透”、黒の組織としての”バーボン”、そして公安警察としての”降谷 零”と、3つの素顔を持つ彼ですが今回は公安警察としての活躍がメインで描かれています。

 

そしてまさかのコナンと敵対!?

 

その真相とは…

 

個人的な考察も踏まえて映画の感想を綴っていきます。

 

あらすじ

東京湾に完成した新しい大型施設「エッジ・オブ・オーシャン」にて、5月1日に東京サミットが開催されることとなり、サミット当日には警備のために2万2千人もの警察官が出動するという。

 

しかしその場所で、何者かによる大規模な爆破事件が発生する。

 

事件発生時の防犯カメラの映像に、公安警察の警察官である降谷零(安室透)の姿が映っている事に気付いたコナンは、安室のこの奇妙な行動と、爆破事件の発生がサミット当日ではない点に疑念を抱く。

 

その後、事件現場で検出された指紋が一致した毛利小五郎が爆破事件の容疑者として逮捕される。

 

この逮捕を巡って安室と敵対し始めるコナンは、安室が過去に容疑者を自殺に追い込んだという奇妙な事件の話を聞く。そして小五郎の起訴が決定的になった頃、厳戒態勢の東京都内で同時多発的に不可解なテロが発生する。

 

コナンと公安警察が事件に隠された陰謀の真相に近づく中、サミットの開催日である5月1日は大型無人探査機「はくちょう」が火星での任務を終え、地球に帰還する日でもあることが判明する。

名探偵コナン ゼロの執行人 wikipediaより

 

全体の感想

 

今回の映画は物語冒頭からシリアスな空気が続き、全体的に空気が重い印象でした。

 

そしてコナンシリーズの映画の中ではストーリーが難解で警察庁・警視庁・検察庁が登場するのでこの辺の関係性を理解していなければより難しく感じてしまうのでこれまでと比べると大人向けなストーリーです。

 

とはいえ、細かい部分は理解できなくてもなんとなくでも十分に楽しめるクオリティにはなっています。毎度おなじみのド派手なアクションシーンは健在です。物語終盤の安室のヤバすぎるドライビングテクはファンなら必見の価値あり。あんな状況だったら普通は死んでますからねw安室ファンも今作でさらに増えたことでしょう。

 

そういえば安室が主役ということは安室とは因縁のある赤井 秀一も少しは絡むのかと個人的に楽しみだったんですがまったく登場しませんでしたw

 

完全にコナンと安室メインのストーリーです。眠りの小五郎の登場もなし。

 

安室が敵?という煽りはテロ事件を事故扱いさせないために安室があえて小五郎を容疑者に仕立て上げ、コナンを強制的に事件に関わらせるという目的で本当に敵対していたというわけではありません。

 

最後には安室は国を守るため、コナンは蘭(その他諸々)を守るために協力者として力を合わせていましたし。

 

そしてぶっちゃけ今回の映画は賛否両論別れると思いますね。

 

個人的には好みの内容でしたが、話の難解度だったり警察内でのごちゃごちゃなどにあまり興味を持てない人もいるでしょう。

 

今までのコナン映画と比べると別のテイストの映画となっています。

 

しかしそこが面白いと感じる人も多いはず。コナンシリーズの中でも当たりの映画だと思います。

それぞれの正義とは

 

あとは今回のテーマである”正義”ですね。

 

コナン視点でみる正義、安室にとっての正義、犯人なりの正義とそれぞれの正義がぶつかり合い、法的な話を抜きにすると安室の違法捜査だったり犯人の動機だったりと共感できる部分も僕にはありました。

 

コナン視点で見ると彼らのやり方には納得できないけど、彼らには彼らの信念があるわけで…いいか悪いかは別として人にはそれぞれのやり方があるわけでこれって現実にも当てはまりますよねー。

 

黒田兵衛の正体は組織のNo.2 ラム?

 

300ピース ジグソーパズル 名探偵コナン ゼロの執行人-劇場版青山先生直筆原画ポスターVer.-(26x38cm)

未だ明らかになっていない組織のNo2.ラムの正体ですが正体候補の一人に警視庁捜査一課の管理官、黒田兵衛が挙げられています。

 

今作でわかったことといえば黒田は安室の上司、つまり安室が所属する「ゼロ」のボスである可能性、もう一つは黒田が黒の組織のメンバーである可能性を示唆していることです。

 

映画を見た人ならおわかりですが黒田と安室との電話で、黒田が安室に向けて「抜かるなよ、○○」と話していますが、演出上、音声はなく口元のアップのみ、そしてバーボンもしくはゼロと言っている説が濃厚です。

 

ゼロと言っているなら安室のボス、バーボンと言っているならラムの可能性が高い、もしくは公安のボス兼ラムということもありえますね。

 

 

2019年のコナン映画の主役は怪盗キッド

 

名探偵コナン 2018年ポスターカレンダー④(怪盗キッド)

 

コナン映画恒例の次回の映画予告ですが2019年は怪盗キッドがメインのストーリーとなります。

 

キッドが放ったセリフは

 

「また、お会いしましょう。夜空に浮かぶ…船の上で…」

 

一説によるとこの夜空に浮かぶ船の上はシンガポールの有名ホテル「マリーナベイサンズ」のことを指しているのではないかと言われています。

 

劇中での名前は多少もじると思いますがおそらく海外の超高級ホテルが舞台になるのかと予想します。

 

もっと安室が見たいならhuluの無料トライアルがおすすめ

 

名探偵コナン 「安室 透」 ノンスケール PVC&ABS製 塗装済み 完成品フィギュア

 

現在huluでは映画公開記念として劇場版シリーズ20作品を配信中です。

 

前前作の純国のナイトメアでも安室が活躍してるのでこの機会に振り返ってみてはいかがでしょう。

 

映画だけでなくTVシリーズも見られるので安室が登場するエピソードだけチェックすることもできます。

 

登録してから2週間の間はトライアル期間なので好きな動画を見放題です。(トライアル期間終了後は月額933円(税抜)から利用できます)

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

スポンサーリンク
ABOUT ME
sasabun
20代後半のIT企業サラリーマン。 投資についての知識は0だがわからないながらもチャレンジ中!